竜電に愛人がいた?結婚しているのに女性トラブルが発覚!

2021年夏場所を新型コロナウィルスのガイドラインに抵触する行為があったとということで休場中の竜電関。

今回はその竜電関について

・竜電には愛人がいた?女性トラブルが発覚!

・SNSでの反応

など、調べてみました。

竜電に愛人がいた?

竜電関には3年間にわたる不倫関係があったとする女性・関西在住の中野裕子さん(仮名・40歳)の存在がデイリー新潮によって明かされました。

週刊新潮の取材によりますと、竜電関と不倫関係であった裕子さんはもともと竜電関のファンで、巡業中にサインをもらったりという関係でした。

竜電関と親密になったのは2018年の春頃、知人に誘われて巡業で知人と一緒に竜電関と食事をすることになり、その日のうちに男女の関係となったそうです。

その当時は竜電関はまだ奥様と結婚しておらず独身でしたが、しばらくすると竜電関から婚約者がいることを打ち明けられました。

「後日、“内緒にしてほしいけど今度婚約するんだ”とLINEがきたんです。あまりにも驚いて電話すると“それでも裕子に会いたい”と言ってくれました。いけないことだと思いながら、彼への気持ちを断ち切れず、関係を続けることになったのです」

引用元:デイリー新潮

その後も二人の関係は続き、竜電関は結婚もされています。

そして2020年11月に裕子さんの妊娠が発覚し、竜電関は裕子さんに対し堕胎を要求。

デイリー新潮のニュース記事には人として信じられない竜電関の発言もありました。

2021年4月には竜電関の方から関係を精算したいと連絡があり、1500万円で示談を持ちかけられたそうです。

竜電関といったら相撲界の中でも真面目で稽古熱心な青年というイメージしかなかったので、なんとまぁにわかに信じがたい内容で驚きを隠せません。

竜電関は度重なる怪我で序の口にまで番付を落とした時も腐らず一生懸命稽古をし、新入幕を果たしたという経歴の持ち主。

真面目でひたむきに目指す目標へ向かって努力する気持ちの強い力士だと思っていました。

そんな竜電関なので相撲ファンは皆驚いています。

竜電の愛人問題のSNSでの反応

竜電関の愛人問題での世間のSNSの反応を見てみましょう。

この報道がもし事実であるとしたら…たしかにおわた…です。

ファンの方の悲痛な叫びは竜電関に届くのでしょうか。

もう知っていた方もいらっしゃる様で…。

5月20日に発売される週刊新潮は言い逃れができない内容の誌面なのでしょうか。

竜電関には表の顔と裏の顔があったのでしょうか…

普段の姿が真面目だっただけに落胆は大きいですね。

SNS上ではまさかの愛人は複数人いるとの情報も…。

美しい奥様がありながら、男性というものはやはり浮気をせずにはいられない生き物なのでしょうか。

竜電関のこの週刊誌の取材の内容が事実ではないことを信じて続報を待ちたいと思います。

今後、日本相撲協会からは公式でどのような発表がなされ、竜電関にはどの様な処分が下されるのか…。

この件を冷静に見守りたいと思います。

竜電の処分についてはこちら>>竜電の不祥事に対する処分が軽すぎる?世間の声と引退の可能性!

こちらも読まれています>>朝乃山の処分の予想は引退?神楽坂のキャバクラは蝶々なのか調査!

竜電の愛人問題まとめ

今回は相撲界では真面目で一生懸命なイメージであった竜電関のにわかに信じがたい女性トラブルが週刊誌によってすっぱ抜かれました。

もしこの報道が真実であれば奥様はもちろんのこと、お相手の女性やお世話になっている周囲の方々に誠心誠意の対応をしていただきたいと思います。

人間誰しも過ちを犯してしまうことはあるので、犯した罪をいかに償うかがこれからの人生において重要だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Zacks
fam-8

フォローする

fam-8