安斉かれんのセリフの棒読みは狙い?似てる女優を調査!

今回は俳優の三浦翔平さんとダブル主演の連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』で浜崎あゆみ役を演じられた安斉かれんさん。

安斉かれんさんのセリフの棒読み事情や、似ているとウワサされている女優さんなどを調査してみました♪

ではいってみましょう〜☆

安斉かれんプロフィール

この投稿をInstagramで見る

#kalenanzai

安斉かれん(@kalenanzai)がシェアした投稿 –

【profile】

◆名前◆ 安斉 かれん(あんざい かれん)

◆本名◆ 非公開

◆生年月日◆ 1999年8月15日

◆出身◆ 神奈川県藤沢市

◆血液型◆ B型

◆サイズ◆ 身長157cm 

◆所属事務所◆ エイベックス・マネジメント

やはりavexの所属なのですね!

最近あまりavex所属のアーティストが目立つ感じがしていないので、安斉かれんさんは今後のavexを背負って立つイチオシアーティストなのだという気概を感じます。

安斉かれんの経歴

安斉かれんさんの経歴を調べてみました。

デビュー前

安斉かれんさんは小学生の頃にエレクトーン奏者に憧れてエレクトーンを始めます。

親の影響で学生時代は洋楽のロックやR&Bばかりを聴いていた安斉かれんさんは、父に連れられて行った人生初のライブはザ・ローリング・ストーンズでした。

ちなみにわたしが初めて行ったライブはラルクでした。

初めて生の演奏でバンドのライブを観たときの感動は忘れないですよね。

そのバックバンドの人がアルトサックスを吹く姿を見て、サックス演奏に憧れ中学生の時に吹奏楽部に入り、アルトサックスを始めました。

アルトサックスって楽器の中でも華があって演奏している姿もとってもかっこいいですよね!

憧れてしまう気持ち、わかります!!

アンサンブルの湘南地区大会では金賞を獲得するほど部活に熱中していました。

楽器に触れていく中で「喉もひとつの楽器」と気づき、「ちょっと歌をやってみようかな」という程度の感覚で歌を始め、高校1年生の時にavexの原宿アカデミーに通い始めます。

当時は単に音楽が好きでレッスンに通っていただけで、歌手デビューする気持ちはなかったそうです

レッスンに通いながら渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」の店員として働き、デビュー前から多くのファッションメディアに登場していました

地元藤沢では可愛くて有名だったみたいです。

あんなに可愛かったらデビューしたくなっちゃいますよね。

デビュー後

2019年5月1日、16歳の時に書いた

世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』

をデジタルシングルとして発売し、デビューします

同年7月1日、2枚目のシングル

『誰かの来世の夢でもいい』

を発表。

同年10月1日、3枚目のシングル

『人生は戦場だ』

を発表。

同曲はテレビ東京系アニメ「ブラッククローバー」のエンディングテーマに起用。

安斉かれんさんはもともと原作のファンで、起用にあたっての喜びをこう語っています。

“黒の暴牛のみんなの真っ直ぐな気持ち、仲間を信じる姿勢は、いつも私に勇気をくれます。そんな大好きな作品のエンディング曲を歌わせて頂き光栄です。
今回の楽曲は、逆境に立ち向かう辛さや勇気を綴った、まるで、アスタそのもののような歌なので、物語に添えて流れた時に何か伝わることがあれば、嬉しいです!”と、喜びのコメントを寄せた。

引用元:OKMUSIC

自分の好きな作品にお仕事で関われるってほんとうに嬉しいことですね。

原作者の方も、関わるアーティストが自身の作品のファンであれば嬉しいと思います。

そしてデビューシングルから3rdシングルまで「デビュー3部作」として、ミュージック・ビデオは一連の物語を描いています。

また、3作ともサブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定シングルとして発売された後、全国タワーレコード店頭限定で8cmCD仕様で発売されました。

2020年4月18日、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ

『M 愛すべき人がいて』

の浜崎あゆみ役で女優としてもデビューを果たします。

この原作が出たときは本当に話題になりましたね!

アラフォーのわたしはドンピシャな世代で、あの頃リアルタイムであゆを知っていたので驚きとともにとても感慨深いものがありました。

安斉かれんさんは初主演のドラマにこうコメントを寄せています。

初めてのお芝居でとても緊張していますが、自分なりにこの作品がどうやったらより良くなるかをたくさん考えてのぞみたいと思っています。少しでも多くの方に楽しんでもらえる作品になればうれしいです。

引用元:マイナビニュース

最初はかなり賛否両論がありましたね。

どんな作品も実写化となるとキャスティングはかなり大変だと思います。

安斉かれんの演技は?

現在放送中のドラマで本格的な演技初挑戦の安斉かれんさん。

演技力はどうなのでしょうか?

ネットニュースでは

浜崎役を演じる安斉かれんのナチュラルな棒読み演技は結果的に“アユ”っぽい

引用元:yahoo!ニュース

見どころは、何と言ってもアユを演じる安斉の演技だ。舌足らずなしゃべり方はどことなく“アユ”を彷彿(ほうふつ)とさせ、途中インサートされる「歌姫」として成功を収めた後のコンサートシーンなどは、アユそのものだ。今作で本格的な演技に初挑戦するという安斉が、物語を通してどれだけ女優として成長し、また、どれだけ今以上にアユを憑依(ひょうい)させられるのかに期待していきたい。

引用元:マイナビニュース

などなど、期待の声や

 正に、役者としての能力は未知数の状態でドラマの世界に飛び込んだ安斉さん。そのためか、ネット上ではツイッター上を中心に、「安斉かれんの演技が大根すぎてやばいwwww」といった手厳しい声は多いが、その一方で、「演技はお棒さんだったけど喋り方とかあゆに似せてるっぽいし歌も上手」

引用元:j-castニュース

と、SNSでは厳しい声も。

「演技が下手とか言ってる奴おるけど逆にそこが初々しい感じでいい」「演技の初々しさがリアルな浜崎あゆみっぽくて、良かったです 来週も楽しみです」と、デビュー直後の浜崎さんのリアルな姿を映し出しているのではないかとする声は多く、総じて言うと好意的な声が多いのが特徴的だ。

引用元:j-castニュース

安斉かれんさんの演技力には賛否両論あるようですが好意的な意見が多いようです。

わたしがドラマを観て思ったのは、棒読み演技がわざとなのかそれとも狙っているのか…。

それが気になってしまい、最初からこのドラマにハマってしまいました。

え、もしかして製作者さんの思うツボですかね。笑

安斉かれんの棒読み演技について

安斉かれんさんの演技が棒読みとの声が多数あるのですが…

どうやらその棒読みの演技が

とにかく安斉の佇まい・表情・しゃべり方・発声・動き方・姿勢・全体を包むオーラが、このドラマのなかで求められるアユのキャラクターとドンピシャに合致しているのだ。もちろん狙い澄ました企画・脚本・演出の妙は前提としてあるのだが、安斉の“原石”感が、このドラマの面白さを大いに牽引していると言ってもいい。

引用元:サイゾーウーマン

アユを演じる安斉かれんは、わざと下手に演技をしているのか、と全員が気になっていることにまで言及してしまう始末である。

引用元:Real Sound

どうやらあゆっぽいということで、結果的に世間に受け入れられているようです。

またこのドラマで安斉かれんさんはとてもキャラの強い脇役さんたちに囲まれ、

ストーリー展開も昔の昭和の雰囲気で、ツッコミどころがたくさん散りばめられています。

彼女の演技どうこうというよりも、田中みな実さんの謎の秘書

ライバルたちの古めかしいイジメ

a victoryのクセあり社長・大浜

どう考えても小室哲哉さんと思われるキャラ・輝楽天明のコテコテメイク

水野美紀演じるスパルタ鬼教師のトリッキーな指導…

などなど

往年の大映ドラマを思わせる大仰なセリフや独創的すぎる演出で90年代の芸能界の光と影を描く本作。番組オンエア中は、SNSを会場にした応援上映に参加する気持ちで、ツッコミ鑑賞してみるのも一興だ。

引用元:クランクイン!!

まさにそれです!

かくいうわたしも友人とLINEでツッコミを入れながら毎回視聴していました。

それもまた楽しくてハマってしまったというのもあります。

また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて撮影スケジュールに変更が生じ、

最新話・4話の放送日は未定となり、先日の放送では、放送済みの1話に

“いち視聴者”伊集院光さん古市憲寿さんが副音声で

“マニアックで香ばしい番組解説”をするというオリジナルコンテンツを加えた

「1話リミックスバージョン」が放送されました。

その中で

「見ながらLINEしたくなる」と二人も語っていたが、テレビを見ながらTwitterでツイートしたり、LINEで友人と感想をつぶやくことが多い“現代の視聴スタイル”にハマるドラマとして、毎回トレンド入りしている本作。

引用元:yahoo!ニュース

ツッコミを入れながら楽しむ新しいスタイルのドラマであることから、安斉さんの棒読みの演技は計算され尽くしているのかもしれないと思わずにいられません。

安斉かれんさんはこのドラマで演技初挑戦ですので、温かい目でこれからのアユの成長を見守りましょう☆

安斉かれんに似てる女優は?

安斉かれんさんがネットで似ていると言われている女優さんについても調べてみました。

後藤真希

この投稿をInstagramで見る

春服🌸 tops @titivatejp #まきふく #トップス #titivate

後藤真希(@goto_maki923)がシェアした投稿 –

女優さんではないですが、元モーニング娘。後藤真希さんに似ているという声や

安倍なつみ

これまた女優さんではないですが、同じく元モーニング娘。の安倍なつみさんに似ているという声も。

藤本美貴

この投稿をInstagramで見る

もちもちのモコモコ♡ 累計100万本以上販売してる人気のスキンケアブランドで 伸びるモチ泡がたった1プッシュで出来上がるの!! 今だけ限定の数量限定版フルーツシリーズのモッチスキン♡ 容器がレトロで可愛い♡ 私が使ったレモンの香りは透明感&トーンアップしたい方におすすめなんだって♡ メロンとイチゴの香りもあるんだけど♪ 香りで効果が違うの面白いよね☺️ ちなみに今ならドンキのmajicaアプリのクーポンを使えば安く買えるんだって♡ #モッチスキン #mocchiskin #数量限定 #泡洗顔 #PR @mocchiskin_official @donki_jp

mikittyfujimoto(@mikittyfujimoto)がシェアした投稿 –

個人的に私は藤本美貴さんに似ていると思いました♪

神田沙也加

神田沙也加さんは目が似ていますかね?

岡田奈々

https://twitter.com/okadanana_1107/status/1244904624038924288?s=20

AKB48 Team4 STU48兼任の岡田奈々さんも似ていますね!

安斉かれん・まとめ

デビューして1年で浜崎あゆみ役を大抜擢された安斉かれんさん。

ドラマの行方と安斉かれんさんの演技と歌唱力もこれからどのように磨かれていくのかとても楽しみですね♪

ここまでご覧いただきありがとうございました☆

フォローする