R-1ヨーグルトはいつ飲むのが効果的?飲み方や作り方!

免疫力アップに有効であると巷でウワサの

【R-1ヨーグルト&ドリンク】

せっかくならR-1乳酸菌を効果的に摂取したーいっ!

そしてどうやら手作りもできるらしい…?

…ということで、

R-1ヨーグルトはいつ飲むのが効果的?飲み方や作り方!

を調べてみました。

それではいってみましょう〜☆

R-1ヨーグルトとは?

赤いパッケージでおなじみのR-1ヨーグルト。

2009年12月1日に地域限定で発売されました。

安定供給の目処が立った翌年3月、販売エリアを全国に拡大。

国内ドリンクヨーグルト売上はNO.1なのです。(2018年8月~2019年7月 累計販売金額)

コンビニで目に付く赤いパッケージ、確かに免疫力がアップするイメージが定着していますよね。

ホームページには…

「1073R-1乳酸菌」、通称「R-1乳酸菌」は、明治が保有する6000種類以上の乳酸菌ライブラリーから選び抜かれた乳酸菌のひとつで、たくさんの新しい可能性を秘めたEPS(多糖体)という成分を産出することがわかっています。

引用元:meiji より

ちなみに商品名のR-1【1073R-1乳酸菌】に由来しているんですって♪

令和になった時には

今年は令和元年「R1」です。

と話題にもなりましたね☆

個人的に大森南朋さんと元レスリング日本代表の吉田沙保里さんが夫婦役のCMが好きです。

吉田沙保里さんて霊長類最強女子と言われていますが、中身は本当に可愛らしい女の子だと思うんです。

なのであのCMの吉田沙保里さんが本来の姿なのではないかと…。

これからもRー1のCMを楽しみにしたいと思います☆

R-1ヨーグルトの期待される効果は?

そんな国民的健康ヨーグルトドリンクR-1を飲むことによって得られるであろう効果についても調べてみました。

免疫って何?

そもそも免疫って何でしょうか?

免疫とは

体の中の最大の防御システムのことを言います。

外から入ってきた細菌やウイルスなど体にとって悪さを働く外敵を、駆除したり対抗したりして、体の健康状態を保つシステムです。

免疫って身体の防御システムだったのですね!

私たちの知らない間に身体がしっかりと菌やウィルスと戦ってくれていることに感謝しないといけませんね!

どうして免疫力が上がるの?

R-1の【1073R-1乳酸菌】を摂取することによってたくさんの新しい可能性を秘めたEPS(多糖体)という成分を作りだしてくれます。

そのEPSはインフルエンザウイルスや風邪ウイルス等と戦い体の免疫力を上げてくれる

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

を活性化してくれます。

※2011年、有田共立病院院長がナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させる1073R-1乳酸菌の可能性に関する調査報告書を発表。

このNK細胞(ナチュラルキラー細胞)がどんどん働きはじめて悪い細胞や菌を退治してくれるから免疫力がアップするのです。

R-1は

「強さ引き出す乳酸菌」

というキャッチコピーがついていますね♪

ちなみにNK細胞は笑ったり、人に親切にしたりすると活性化するというデータもあるみたいです!!

笑いが絶えない、親切な人って健康なイメージがあるのであながち間違ってはいないのかもしれません。

ゲラゲラ笑って、人にはしんせつにしましょう〜☆

パスツール研究所からも注目!

フランス・パリにある、世界最高峰といわれる生物学・医学研究をおこなう非営利研究機関であるパスツール研究所という研究所があります。

これまでに10人のノーベル生理学・医学賞受賞者を排出しているこのパスツール研究所からも1073R-1乳酸菌は、その可能性について注目されています。

2014年以降は【1073R-1乳酸菌】を対象に、「乳酸菌の新たな可能性」について、meijiと共同研究を進めています。

このように研究機関と研究を進めてくれているからこそ私たちの健康に良いものが世に生み出されているんですね!

花粉症にも効くの?

花粉症でくしゃみ・鼻水・鼻詰りの症状が出る原因は、体内に侵入した花粉に対するアレルギー反応です。

アレルギー反応は免疫機能が過剰に反応を起こしている状態です。

免疫機能の多くは腸内に集まっているので、その腸内の免疫細胞を正常に戻すことで、花粉に対する過剰反応を正常化させることが出来るわけです。

ヨーグルトには、腸内の免疫細胞の正常化に効果があるとされています。

整腸作用に優れているだけではなく、ウィルスや細菌に対して強いNK細胞をR-1乳酸菌が活性化してくれるので、特に花粉症対策に効果的なヨーグルトとして取り上げられています。

花粉症の方が花粉のシーズンに毎日摂取していたら症状が出なかったというのを聞いたことがあります。

やはり腸内環境を整えるということは健康への近道なのかもしれません。

R1ヨーグルトは継続して取らないと効果が得にくい理由

なぜなら1度体内に取り入れた乳酸菌は長期的に生き続けるわけではないからです。

乳酸菌は3日程度、長くても1週間で死滅すると言われています。

体内の乳酸菌を維持するには継続的にヨーグルトを食べ、腸内環境を維持しましょう!

R-1ヨーグルトはどのぐらい食べればいいの?

ヨーグルトの適正な摂取量ってどのくらいなのかを調べてみました!

ヨーグルトは食品なので薬のように厳密な摂取量というのはありませんが、1日100gから始めてみましょうとmeijiさんは推奨しています。※R-1ヨーグルトは1個112g

R-1ヨーグルトにはいろいろな種類がありますが、たとえば1日に大量に食べる場合は無糖で糖分の摂りすぎを防ぐことができるR-1プレーンヨーグルトや砂糖0のR-1ヨーグルトをオススメします。

また乳製品に弱い体質の方もいらっしゃると思うのでご自身の体調に合わせて適量を探してみてください。

大切なのは1日にたくさん食べることではなく、少量でも毎日食べて乳酸菌を腸内に送り続けることだと思います。

R-1ヨーグルトはいつ食べるのがいい?

ヨーグルトを効果的に摂取するには、朝なのか、夜なのか。

調べてみるとどちらも出てきますが、夜にヨーグルトを取り入れる方が効果的だといわれています。

なぜなら、腸のゴールデンタイムが22時~翌2時の間にあるからです。

この時間帯に腸が最も活発に働き、栄養素の吸収率が上がります。

生活時間帯にも個人差があると思いますが、寝る3時間前かつ21時までに食べておくのがベストです。

そしてもう一つのおすすめは食後で、食事により胃の中の胃酸が薄まっているので、乳酸菌が生きたまま腸まで届きやすくなります。

死んだ乳酸菌にも腸内環境を整える役割はあるのですが、生きたまま届く方がより有効。

乳酸菌による整腸作用の効果を存分に享受できるのが食後に摂取することです。

摂取後、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたりしてくれます。

ダイエットの場合のおすすめ摂取タイミング

余談なのですが、ダイエット目的であれば…

食前をおすすめいたします。

そしてヨーグルトの量はちょっと多めの200gを食べます。

ヨーグルトは思ったよりおなかにたまるので、食前に食べることで食べ過ぎを抑制する効果があります。

また、食事による血糖値の急上昇を防ぐ作用もあります。

野菜から食べると太らないといわれるのは血糖値が緩やかに上昇するからです。

それと同じ効果がヨーグルトにもあります。

カルシウムは空腹時の方が吸収されやすいので、カルシウムを摂取したい方も食前がおすすめ!!

ダイエット中にはカルシウムが不足しがちになるのでヨーグルトに含まれるカルシウムも摂取できるのでちょうどいいですね。

R-1を毎日飲んだ効果は?

そんなR-1ヨーグルトを寝る前に3ヶ月間毎日摂取した結果…。

  • 疲れにくくなった
  • そういえば風邪をひいていない
  • インフルエンザにかからなかった!
  • お腹の調子がとてもよい

という結果になりました☆

劇的な変化は感じなかったのですが、そういえば…的な感じでジワジワやんわり、ゆるやかに効いていると思います。

※あくまで個人の感想です。

そんなR-1ヨーグルトは毎日必ず摂取するとなると結構な出費になります。汗

お安くても12本入り1,610円(価格.com調べ)

1本あたり約134円×約30日=4,020円

ひと月当たり約4,020円の出費になります。

まぁまぁな出費ですよね…。

そこで調べてみた結果、手づくりするという方法があることを発見しました!!

 R-1ヨーグルトは手づくりできるの?

なんと、市販のヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトを作ることは可能なのです!!

ヨーグルトメーカーは各社から出ており、温度とタイマーで加温時間を設定できるのでヨーグルト以外にも甘酒や塩麹などの発酵食品作りや、鶏ハムやローストビーフ、コンフィなど、肉や魚の低温調理といった、ヨーグルト作り以外のレシピに活用することもできます♪

手間がかからず簡単でおすすめなのは牛乳パックごと入るタイプです☆

(我が家もこのタイプを愛用中♪)

温度と時間が調節できるので夜にセットしたら朝にはプルプルのRー1ヨーグルトが出来上がっています☆

冷蔵庫で冷やしてから食べても美味しいのですが、出来立てのホットヨーグルトで食べるのもオススメです♪

R-1ヨーグルトの作り方

R-1ヨーグルトのおすすめのレシピをご紹介いたします。

【材料】

  • R-1ヨーグルト(ドリンクタイプ) 1本
  • 牛乳(成分無調整)1L 1本
  • 砂糖 適量

【作り方】

1.牛乳とR-1ヨーグルトを常温に戻す。

(電子レンジで牛乳をパックのまま横にして500wで3分、800wなら2分半で加温も可。)

2.牛乳を150ml別の容器に移す。

(R-1ヨーグルトを入れた時に溢れないため。)

3.R-1ヨーグルトをよく振ってから牛乳に入れる。

4.砂糖を適量加える。

(入れなくても作れますが、砂糖が菌のエサになるので少量でも加えるのをおすすめします!)

5.熱湯消毒をしたスプーンでよく混ぜる。

(スプーンについている雑菌を消毒しないと発酵時にヨーグルトが上手くできないことがあります。)

6.設定温度は43度、タイマーは8時間にセットしてスイッチを入れる。

(Point:タネになるR-1の菌は43度が活発に活動するそうです。)

以上。

8時間後には美味しいR-1ヨーグルトの完成です。

完成したら温かいままだと過発酵になり酸っぱくなってしまいますので冷蔵庫にしまいましょう。

ドリンクタイプのR-1ヨーグルトがお好みであれば、牛乳と完成したR-1ヨーグルトを1:1でよく混ぜればドリンクタイプのR-1ヨーグルトになります。

お好みで豆乳と割っていただくのも美味しいです!

R-1ヨーグルト・まとめ

R-1ヨーグルトの効果は、腸内環境が整うことにより免疫力がアップするということがわかりました。

また、効果的な飲み方は夜寝る前に摂取して、腸のゴールデンタイムにR-1ヨーグルトを届ける事が大切です。

そして市販のヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトが作れるのでぜひやってみてくださいね♪

私もお家で初めて作った時、牛乳がちゃんとヨーグルトになっていてとても感動しました!

きちんと菌が牛乳をヨーグルトにしてくれたと思うと、菌を愛しくさえ思いましたよ(笑)

買ってくるよりも自分で作ったR-1ヨーグルトは格別に美味しかったです。

R-1ヨーグルトで免疫力をアップさせてウィルスやアレルギーに負けない身体づくりをしましょう。

ご覧いただきありがとうございました☆